散歩と私

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、今思うとイカレてますが、雪が降るまではよく散歩しとりました。
んで、夏場のお気に入りは、薄暗いうちに起きて五稜郭公園まで歩き、缶コーシーをすすりながら一休み、そっから杉並町の住宅街を漁火通りまで抜けて浜風に吹かれ、根崎公園に着く頃には日差しが強くなっており、帰宅して朝飯です。
地元のしとじととのふれ合いの前に、「一体、市井の人はどんな生活をしているんだろう?」と知ることから始めようと。

 早朝の五稜郭公園は、ジョガーやウォーキングに励む年配の方でにぎわっておりました。
「昨日の野球は日本ハムが勝ったんだべか?」
「あれ、最後に逆転されたべさ」
などといった会話が聞こえてきます。
「やあ、あの兄ちゃんの髪の毛と髭!」という声も聞こえてきます。はい、まだ長髪パーマで髭だったのです。
てかな、君たち、人の悪口は聞こえないように言いたまえ!
缶コーシーを飲み終えて北海道新聞社の前を通りがかると、ウォーキングや犬の散歩を終えた年配のしとじとが、貼りだされた朝刊をチェックしとります。
まだこの時間は、左手に包丁ぶらさげた爺様が民家から出てくるとかスパルタンな出来事には遭遇しません。

 漁火通りに出てテトラポッドに腰掛け一服。浜辺を掃除している爺様がおります。啄木公園の駐車場に早くも観光客の車が何台かやってきます。
少々、騒々しくなってきたところで根崎公園へ。別に何かを見るわけじゃねーですが、そのまま帰宅するのも物足りねーんで。ここでもジョガーとすれ違います。
なるほど、この時間なら誰にも邪魔されずに独りで走れますね。僕もジョギングは好きですが、独りで黙々と走るの方がいい汗かけるんで、なんだか気持ちがわかります。
出勤するしとじとと逆方向に歩き、帰宅する頃には大体10kmですか。

 今年の夏はそーいった時間が作れるかわかりませんが、ありゃあ気持ちよかったですね。
と、雪降る中、早く夏になんねーかな、と思うのです。
てかね、雪国で過ごしてると「夏ってありがてえなあ」と待ち遠しさ倍増です。


You may also like...

2 Responses

  1. ななえ より:

    明けましておめでとうございます。今年も皆さまにとって良い年になりますように。。。
    北海道はどんな寒さか想像もできません。ダイヤモンドダストとかみられるのでしょうか。

    • hank より:

      明けましておめでとうごぜえますm(_ _)m

      >ダイヤモンドダストとかみられるのでしょうか。
      流石にそこまで極寒ではありません(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top