僕はTeraPadが大好きです。

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、物書きってのは、足下見られる商売です。
そら、コネでもあって、それなりのギャラ貰えて著作権もテメーのとこに残る案件にありつけりゃ別ですよ。
ホントね、僕もコネ欲しい。誰か仕事斡旋してください。(切実。)

 さて、なーんでライター業って単価安いかっつーと、まず希望者がスゲー多いからでしょーな。
「僕はドアーズというバンドとフランク・ザッパというミューズィッシャンに詳しいです」っつー、テーマを音楽専門にしたい、可哀相で貧しくてバカとういかイカレたくそったれがいたとしましょう。まあ、僕のことですわな。
果たして、「ドアーズ及び1960年代のポップミュージックについて2000文字の記事を5000円で書いてもらえないか?」っつー依頼があるかっつーと、ねーです。恐らく、キャリアがあってもそんなギャラ貰えねーでしょーし、そんな案件の書き手を不特定多数から募集しません。

 次に、機材やソフトに投資が皆無だから。
基本、PCとインターネット環境があって、テキストエディタがありゃええんですから。
でね、大量に記事作成したり、リライトするっつーと、自分が使いやすいテキストエディタを見つけるとスゲー楽になります。
NotePadでもいいじゃんっつーしともいるでしょーが、僕ぁ長年TeraPad使うております。

 では、何故、TeraPadなのか?

・文章だけでなく、HTML、PHPといったエディタにも使えるから。
・改行箇所を視覚的に確認できるから。
・画面分割できるから。
・インターフェイスのカスタマイズが容易だから。
・拡張ツールが豊富だから。

こんなとこでしょーか。
NotePadだと改行しても「↓」とか表示されねーですからね。あと、たまにアナグラム的なことを練り込むことがあるんですが、行数のルーラーが表示されとるとおもろいこと考えられます。
あと、画面を上下に分割しとくとリライトのときに楽ですね。決められた文字数に収めたい場合も拡張ツールを設定すりゃ文字カウントできますから。
Wordだと、知らねーうちにWordに依存した装飾が為されて、TXTファイルで保存して開くとおかしなことになっとることがあります。
なので、Word形式で納品する場合も、基本、テキストエディタからコピペですね。
そうそう、最近じゃブログも自動下書き保存してくれますけど、たまに不具合とか操作ミスで記事消えちゃうことあるじゃねーですか。そーいったトラブル回避に使いはじめたのがきっかけですね。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top