鹿部町もとい鳥羽一郎共和国にある『しかべ間歇泉公園』

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、厳密には函館市じゃねーですが、函館観光ルートの一つですし、市民にとっても気軽に足を運べる故、今回は茅部郡鹿部町にある『しかべ間歇泉公園』をご紹介。

【ほとばしる白い飛沫】

 噴火湾に面した町っつーのは総じて良い温泉があり、以前紹介した川汲温泉もそーですが、同じ町内でも泉質が異なっていたり、行くたんびに違う温泉施設による楽しみがあります。
んで、鹿部町っつーと、間欠泉が有名です。
で、この間欠泉ですが、公式サイトの写真を見てから訪れるとちょっとガッカリします。
なんでかっつーと、その日の風の強さによって幕張って高さ調整しとるからです。
でもね、こりは仕方がねーです。施設自体が意外と狭いんで、間近で見られる反面、熱湯が降りかかってくる危険性があるからです。
DVC00066 さて、この間歇泉公園。単に間歇泉を間近に見られるだけじゃねーです。
まず、鹿部町のマスコットであるカールス君が間歇泉の仕組みについて教えてくれます。
DVC00069「まあ、細けぇこたぁ、どーでもええや」とVTRを眺めてください。途中でカールス君が「すごいでしょ!」と、ドヤ顔でのたまっても「テメエ、かち割ってプランターの底に敷いてやるぞ!」と怒ってはいけません。絶対に。

 この他、足湯がありますんで、折角入場料払ったんだから、必ず浸かることにしましょう。
ただし、泉質によるものなのか、よくある足湯と同じように長湯すると脱力感と眠気がやってきます。大沼国定公園を散策した後、足休めに寄っちゃいがちですが、長距離運転のしとは気をつけてください。
なので、僕のオススメは、オフシーズンに雪化粧した大沼国定公園を訪れ、団子買った帰りに暖まりにくるのが風情があってよろしいです。
AutumnOnuma

【鳥羽一郎共和国という裏の顔】

 因みに、公園駐車場に何故か船をモチーフにした慰霊碑があります。よく見てみましょう、慰霊碑ではなく鳥羽一郎の歌碑です。
この歌碑の手前に手形があります。「ほう、鳥羽一郎って手が小さいんだな」とうっかり手を重ねると、大音量で「北斗船」が鳴り渡ります。
かなり恥ずかしいです。なので、鳴らしてしまったらピンポンダッシュのように逃げましょう。あ、道路を渡るときは車に気をつけてくださいね。
まあ、大沼国定公園にも「千の風になって」の歌碑がありますが、ここまで仰々しい歌碑も珍しいもんです。
何故か?それは鹿部町とは仮の姿。ここは鳥羽一郎共和国でもあるのです。
大統領は勿論、鳥羽一郎。別荘まであるんですから、
恐るべし鳥羽一郎。名誉町民ではあきたらず、大統領として支配下に置いてしまうという豪腕ぶり。

hokutofune 最後に、公園周辺は一見寂れてますが、いくつも日帰り入浴が可能な温泉宿がありますから、マップを参考に訪れてみるといいかも知れませんね。
どこの地方都市もそうですが、近代化された温泉施設って、設備に金かけ過ぎて肝心のお湯を薄めたり、ひどいとカルキ混ぜることがありますからね。

【施設情報】
北海道茅部郡鹿部町鹿部18-1
01372-7-5655

入場料:大人300円 小人200円
開園時間:夏期 8:30~18:00冬期 9:00~17:00
休園日:毎月第4月曜日
アクセス:大沼国定公園より道道43号線を自動車で約25分。

大きな地図で見る


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top