函館に来たら行っておきたい名店『りんさん』

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、久しぶりですな。さらに、どーでもええ記事じゃなくてですね、函館市の「オマエ、ここは行っとけ」っつースポットのご紹介です。
でね、相変わらず食いどころの写真はねーです。カメラ下手クソなんで、残飯みてーなもんしか撮れないっつー。努力はしとるんですが...。

 事の発端はこーです。
ある休日の午前中、カミさんが言いました。「麺が食べたい」と。
とはいえ、我が家の近所にはラーメン店や中華飯店は無く、ちょっと歩くか車で行かなきゃなりません。そこで「まだ行ってないや」とターゲットになったのが『りんさん』です。
別に他の店でも良かったんですが、散歩がてらに歩いていくっつー名目上、自宅から丁度いい距離にあったんですね。
んで、数キロ歩いて到着したのが正午過ぎ。
店内はほぼ満席でしたが見たところ地元の方々と思わしき客ばかり。観光シーズンなんですけどね。このあたりが立ち位置を左右しとるのか?と。

まずは定番から

 注文したのは夫婦そろってラーメンに半チャーハンが付いたセット。味は塩ね。
まず塩ラーメンが運ばれてきまして、脂身が少ないチャーシューを箸で沈ませ「あとでね」と呟き、映画『タンポポ』のよーにスープを一口。

お?おぉ?

歳のせいなのか、こってり系に飽きたのか知りませんが、僕、びっくり。
いやね、現実的に考えて、多かれ少なかれ化学調味料を使ってねーラーメンは存在しねーと思っとるんですが、これは「出汁」って感じです。おそらく化学調味料はあんま入ってねーです。
んで、ストレートの細麺をすすると、ほんのりとしたスープの甘みが口中に広がり、さらにスープを一口、二口と。
そうこうしとるとチャーハンの登場です。こりも塩コショウベースの味付けで、「家庭のチャーハンを超強火で作りました」っつー味です。
いや、美味かった。食後、無性に喉が渇くっつーことも無かったですし、帰宅してからも「こりゃ何度も食いたいね」と話しました。

さっそく再訪

 僕ぁ毎度外食しとる余裕はねーです。なので、週に一度くれーです。
で、翌週、『りんさん』を再訪しました。
今度は僕はあんかけ焼きそば、カミさんはピリ辛タンメンです。
その日は一番乗りで、それぞれのメニューが運ばれてきてから混みはじめました。
まず、あんかけ焼きそばですが、ラーメンと同じストレートの細麺に醤油ベースのあんがかかってます。酢もあらかじめかけられてます。
一口目、ちょっと味が濃いと感じましたが、先日食べた塩ラーメンと同じ「出汁」の旨味を感じ、結構な量ながら食い飽きません。まあ、焼きそばは僕の好物ですから、ニヤニヤしながら食ったんですけどね。
カミさんは「ピリ辛じゃなくて、結構辛いよ」と言いながら汗をしたたらせてすすっております。僕もちょいとおよばれしたんですが、確かに辛いですね。
でもね、やっぱベースがしっかりしとるから、ニンニクや唐辛子に負けてねーな、と。これもね、辛いだけじゃなくコクがあるって点で珍しいな、と。

総評

 観光に来て立ち寄るなら、どいつもこいつも行く店の方がいいと思うでしょー。
でもね、僕の記憶が確かなら、函館って純粋なラーメン店が皆無だったと思うんですよ。特に老舗はラーメンだけじゃなくチャーハンや焼きそばが美味い。こり、関東なんかと違いますよね。中華定食屋のラーメンは不味いのがほとんどですもん。
なので、大手メディアがプッシュしとる店だけじゃなく、こういった「函館だからこそ」っつースタイルのにも行って欲しいと。
ちょっと遠そうですが、車で移動するなら、函館空港、函館駅、湯川温泉からすぐアクセスできる場所にあります。

【お店情報】
〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目9−13
営業時間:11:30~21:00 第2第3金曜定休日
アクセス:函館空港、函館駅から漁火通りに入り車で10分ほど。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top