ジンギスカンの残ったラム肉で美味しいカレーをこさえる

こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、夏っつーとBBQですな。なんだかんだ意見がありますが、お外、しかも炭火で食うと二束三文のフランクフルトでさえ美味しく感じるものです。
しかし、僕ぁ悲しい。材料が残ると捨てられることが。特にラム肉。
ビニール袋の中に汚物のように残された肉。そして「そんなもん捨てて」とかいう満腹でどうでもいい気持ちから出る言葉。
僕ぁ言いたい。不味いくせに客に厳しい店主のように。もしくは食い放題なのに食い放題じゃない店の店主のように。

「コイツ、残しやがったな?松阪牛のカルビだったら持ち帰ったとでも言うのか!」と。

せっかくだからカレーにしちゃいましょう。

材料

・ジンギスカンで食いきれなかったラム肉
・トマト缶:1
・タマネギ:1玉
・生ハラペーニョ:1本
・ヨーグルト:カップ1
・各種スパイス(わざわざ揃えるくらいならカレー粉で可)
・シナモンスティック:1本(羊の臭みとりに効果大)
・ニンニク:2片
・生姜:適量
・乾燥大豆:適量(ペースト用)
・塩:適量
・水:2カップくらい

下ごしらえさえすれば美味しい

さて、BBQで残ったラム肉は鮮度も落ちてますし、家でそのまま焼いて食うと臭みがあってあんま美味しくないです。何故か?
理由は、解凍されてにじみ出てきた水分と血のせいです。なので、ボウルにあけたら水に浸しましょう。見てください、一回さらったのにこんなに血と脂が出てます。
matoncurry0
今度は水をしっかり切り、塩をふります。そっから十分ぐらい放置するとまだ水が出ます。これやらないとカレーが雑巾臭くなります。
で、この間にスパイスとニンニク、生姜を油で炒めます。タマネギはみじん切りなら中火、極薄スライスなら強火で油多めのフライドで。辛いのが好きならここでみじん切ったハラペーニョをわたごと入れちゃいましょう。
matoncurry1matoncurry2
で、タマネギが飴色になったらラム肉を入れて焼き目をつけます。あとはトマト缶、ヨーグルト、お好みのスパイスかカレー粉と塩を入れてフライパンから鍋に移して煮込むだけです。

カレールウを使わない場合のコクの出し方

今回はカレールウを使ってません。理由は、マトンの脂が強烈なのとカロリーを抑えたいということで。
とはいえ、脂分が少ないのも味気ないもんです。エッジの立った味になります。なので、ナッツをハンドブレンダーなんかでペーストにして入れるといいでしょう。理想はカシューナッツかアーモンドですが、今回はヘルシーに大豆の水煮で。
soi0soi1
んー、豆腐っつーか豆乳っぺえ味です。安くてデブの味を求めるならピーナッツもオススメです。もっと凝りたいなら茹でたほうれん草や人参も入れると殺人的な美味さになります。バナナ、桃とかもいいな、うん。

冷まして温めて

カレーが面白いとこは、保温状態にしとくと味がどんどんまろやかになっていく点。よく大鍋で作ると美味しいって言うでしょ?
家庭でそれは無理なんで、火を止めて、つけてを繰り返します。三十分おきに何度か繰り返すと味がまとまります。当たり前ですが水分がなくなっていきますんで、ちょいちょい水を足すといいでしょう。
matoncurry3
なんか、僕、休日になるとカレーばっか作ってますね。とはいえ、廃棄処分されるはずだったラム肉を救ったんでよしとしましょう。
豚バラもええですが、ラム肉のホール切りも一手間かければ美味しくお召しになることができるのです。
curry


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top