君も大使になれる!『ラッキーピエロ人見店』

【!注意!食い処の紹介記事には”敢えて”食べ物の画像は掲載しません。】

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、約二十年ぶりに故郷函館へ引っ越してきたわけですが、知らぬ間に市内はラッキーピエロだらけになっとりました。
まあ、今や「函館に来たら絶対に寄らなきゃいかんB級グルメ店の一つ」ですからね。
でもね、また別の記事で触れようと思ってますが、ハンバーガーの味が大分変わったな、と。僕が高校の頃とか、こんなにジャンクな味付けじゃなかったですもん。
で、今回紹介するのは、ラッキーピエロの人見あんかけ焼きそば。

 ラッキーピエロは店舗によってメニューが若干異なります。
しかも、いくつかの店舗限定のメニューと、特定の店舗限定のメニューがあります。
その中で最も変わり種なのが、今回紹介する人見店限定の人見あんかけ焼きそばです。
「ご当地バーガーの店」というイメージがありますが、どっちかっつーとファミレスですね。なので、カレーもあればカツ丼もあるという。
んで、人見店は、なんと麺類や餃子がメニューにあります。もう、節操ねえな、と。

 前述のとーり、ラッキーピエロはファミレスっつー側面が強く、店舗ごとに客層が異なります。
たとえば、ベイエリア店や五稜郭店なんかは立地的に観光客が多いですし、近所に高校なんかがあると学生が多いです。
が、この人見店、何故か高齢者の比率が高ぇです。この謎はまだ解けとりません。だって、味付けやボリュームから中高年なら動脈硬化になれと言わんばかりですから。
さて、お話もどして、人見あんかけ焼きそばです。

 人見店限定メニューの中で店側がプッシュしとるのが人見あんかけ焼きそばなんですが、680円っつー値段で盛りつけを推し量ると痛い目に遭います。多分、フツーの中華料理屋の二皿分はあります。もし、市外から来店しよーと思ったら、ちゃんと腹空かせてからのがいいです。
いやね、料理の写真を載せない理由の一つなんですが、いくら隣にスマホや煙草と並べられても、写った角度とかで印象がガラッと変わるわけですよ。なので、口コミサイトの写真をイメージしてた僕ぁたまげたもんです。

 人見あんかけ焼きそばは、オーダーすると素敵な特典があります。

あんかけ焼きそば大使になれる。

大使っすよ?大使!国だ政府だを代表して派遣される重要な役職ですよ?
いやー、ハンキー・ドリー・ハンク、37歳にして大使に任命される。
で、その役割です。

◆人見あんかけ焼きそばの美味しさとボリュームと満足感と幸せ感を友人、知人に20名以上にお伝えください。(原文ママ)

はい、ダメ!

◆人見あんかけ焼きそばがもつ、美味しさとボリューム、それによって得られる満足感、そして幸福感を20名以上の友人、知人にお伝えください。(リライト)

んー、簡単そうで難しい任務ですな。
因みに、任命から三ヶ月以内に五皿食べると、今後一年間は550円で人見あんかけ焼きそばが食えるよーになります。はあ、そうですか。

 では、肝心のお味です。
横浜中華街なんかでお目にかかる、大きな楕円形のプレートに、あんがかかった表面をパリっと揚げ麺が居座っております。
一口目は「バカ、揚げすぎだよ!」と思いますが、食ってるうちに柔らかくなりますから心配せんでええです。つまり、そんだけボリューム満点っつーことですな。
一見すると麺好きの僕ぁ物足りなく思ったんですが、こりが中々減らない。感覚としては麺がわいてくるよーなもんです。
あんのトロみはほどよく、具材の種類は少ねーですが、量でカバーしとります。
結論としては、値段以上の味と量だと思います。
が、こーゆーのって、上手くもなく不味くもなく、その店でしか食えなくて何回食っても飽きない味っつーもんだと思うんですが、僕の舌が正しければ旨味の素が固形タイプの中華料理の素ってのが残念でしたね。腹一杯あんかけ焼きそば食いたいけど金が無いっつーときにはいいでしょー。

【お店紹介】
北海道函館市人見町24-15
0138-53-7477

営業時間:10:00~0:30(土曜のみ1:30まで営業)
定休日:年中無休
アクセス:市電柏木町駅から徒歩で約1km。
備考:駐車場が店舗から離れている。限定メニューとして他にペリーライスがある。大盛りランチプレートのことだが、ペリーさんがメタボな体型だったからだろうか?


大きな地図で見る


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top