『書くということ』~まず最初に~

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、僕が文章を書き始めてから今年で13年ですか。そら、オッサンになりますわな。
でね、かなりの文章をネットで公開しては削除したりしてきたわけです。
なのに、どっかに寄稿したりっつー地道なこたぁしませんでした。まあ、アダルトビデオのシナリオ一本書いたか。
じゃあ、何故、今になって「ノーギャラであっても他所様でも書きますよ」と考えを変えたか?

生活環境が変わったから。

はい、長年働いた会社を辞めて故郷に引っ越してきたわけですが、毎月決まった日にちに給料が振り込まれなくなると自然と意識が変わるもんです。
物書きってのは、実績です。生活に不自由しねー収入があるのに、二束三文でキャリアを積むかっつーと、中々できんことです。

 僕も文章を書き始めた頃に思いましたが、よく「あんなクソ記事が採用されるのはおかしい」なんて意見を目にします。気持ちは分かりますが。
でもね、いくら文章力があっても、内容がおもろくても、常に平均したクォリティが保てるかっつーと難しいとこです。
たとえば、この気の抜けた文体は、他のテキスト系サイトと異なる点をアピールしようと試行錯誤した結果なんですが、こりがあらゆる媒体で通用するかっつーと不可能ですわな。
で、同じ文章を「敬体」「常体」「口語体」ごとに書き分けろと言われてソッコーで書くのは難しいです。
文章の巧拙とは違った次元のスキルですな。
実は、とある媒体が、記事の面白さよりもそういったスキルに長けた人材を求めていたら「クソ記事」呼ばわりしてたもんが採用された理由もわかりますわな。まあ、どー考えても査定基準がおかしいとこもありますが。

 まあ、なんだ、13年も好き勝手に書いてきた手前、自分用マニュアルも兼ねて『書くということ』っつーカテゴリーをスタートしましょうか。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top