『バーン・アフター・リーディング』

2009年公開
監督:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
キャスト:ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン

【ネタバレ読んでからの方が理解しやすいと思う作品。】

 んー、この作品を当時映画館で観た人はどう感じたのだろうか?
僕も「くだらないコメディ」という先入観でDVDを借りたんですが、あまりにも登場人物が少ない割に人間関係が複雑かつ、予想外の進展を見せるんで、キャストに期待して観ちゃうと物語の外郭しかわからず終わってしまうという。
そんなわけで、まず登場人物の相関図と説明からいきましょう。
 相関図 

  • オズボーン・コックス:同僚の讒言にアルコール問題を理由にCIA分析官をクビ…かと思いきや、本当にアル中。最後は人格崩壊しちゃう上に撃たれて脳死。
  • ケイティ・コックス:オズボーンの妻で女医。ハリーと不倫しつつ、オズボーンとの離婚を秘密裏に画策。
  • ハリー・ファラー:元財務省。セックス依存症でケイティの他、愛人多数。そのくせ極度の視線恐怖症。ジョギングマニア。
  • サンディ・ファラー:ハリーの妻で絵本作家。年下の男と不倫し、秘密裏に離婚を画策。
  • リンダ・リツキ:スポーツジムに勤務。出会い系サイト依存症でハリーとも愛人関係になる。CIAをゆすり、全身整形の手術費を手にしようとする。
  • テッド・トレファン:リンダの上司で恋心を寄せている。元神父のため清廉な人物。オズボーンに斧で滅多斬りにされ殺される。
  • チャド・フェルドハイマー:リンダの同僚。偶然CIAの情報が記録されたCD-ROMを手に入れるが、ちょっと頭が可哀相で臆病。ハリーに脳天を撃ち抜かれる。
  • CIA長官:作品のガイド的なポジション。最後に物語を集約する一言を口にする。

 さて、既にネタバレしてますが、ここからが具体的なネタバレです。
コメディかと思いきや、やけに本格的なCIAのセットから物語は始まります。
分析官であるオズボーン・コックスは、アルコール問題を理由にクビを宣告されます。ここでありきたりなCIAを題材にした映画なら、追放された元CIAが復讐に立ち上がるという展開なんですが、ジョン・マルコヴィッチ演じるオズボーンは本当にアル中です。
さすがに退役CIAを描いた『RED』のように、LSDの実験に耐え抜いたはいいが完全に気が狂っちゃった役より破綻してませんが。

 妻のケイティに退職したことをオズボーンは伝えますが、退職金も貰わないことに激怒します。これは妻として当然のことですが、実は不倫相手との再婚のため、離婚の際に財産をぶんどってやろうと考えていたからです。
因みに、不倫相手は夫婦共通の友人であるハリー。ああ、もうくだらない。

 オズボーンはコンサルタント業の傍ら自伝小説を書こうとしますが、本業は全く仕事がなく、ボイス・レコーダーに断片的に吹き込む毎日です。
この自伝を思い立つきっかけになった、父親との会話は全然重要なシーンではありません。
ここから物語がややこしくなっていきます。

 物語は突如、一般市民の世界に移行します。
スポーツ・ジムで働くリンダは全身整形を夢見る中年女性。しかも出会い系サイト依存症。しかし、全身整形に保険が利かないとの返事があり、落ち込みます。
ついでに、ここでやっとブラッド・ピット演じるインストラクターのチャドが登場しますが、ダイナマイトばりにバカ。ホント、バカ。本作の予告編を観ると、ブラピが重要なポジションな気がしますが、期待してはいけません。

 ある日、ジムに一枚のCD-ROMが落ちていました。チャドはそれをPCに挿入するわけですが、プロテクトがかかって中身が開けない。
結局、コンピューターオタクの友達に頼んで解除してもらうんですが、出てきたのはCIAの内部情報。
ほう、一体、どんな内容が?チャドは興奮しながら言います。
「年月日、数字、数字...とにかく、マジやべえよ!こいつはガチで機密情報!」。
これ、市井の人が機密情報を偶然目にしてしまって事件に巻き込まれる映画への皮肉ですよね。暗号化された情報なんかわかるわけないのに内容を把握しちゃってるって設定じゃないですか。
ここで、リンダは思いつきます。
「そうだ、この情報の持ち主をゆすれば全身整形のお金手に入るじゃない!」

 はてさて、リンダとチャドはオズボーンをゆすることにしたわけですが、なんでジムにCD-ROMが落ちていたかというと、オズボーンの妻ケイティが離婚相談していた弁護士事務所の事務員がそのジムの会員で、うっかり落としてしまったんですね。ああ、くだらない。
ここから物語はスリリングな展開を期待させます。ハリーもなにか地下室で作ってますし、彼を監視している不審な男もいます。

 電話でオズボーンと待ち合わせたチャドは、リンダが提案した5万ドルを要求します。
しかし、ここでオズボーンは激昂しチャドを殴ります。鼻血出ます、出します。
結局臆病なチャドは鼻血を気にしながら走って逃げるという。
このことに憤慨したリンダは、オズボーンの車にしこたま追突して中指立てながら走り去ります。
で、オズボーンがダメならロシア大使館というわけで、情報を売りに行きます。
でも、びた一文にもならんという。何故か?
CD-ROMの中身は大して重要な情報ではないからです。CIAも二人の行動を把握していますが、「レベル3の情報なら勝手にやらせとけ」と。シリアスな映画なら物語は完全に破綻してるとこですね。

 相変わらず出会い系サイトがやめられないリンダは、新しい男性と待ち合わせをします。その相手はハリーです。なお、ハリーはケイティとリンダ以外にもモニカという女性ともセックスするシーンがあり、極度のセックス依存症であることがわかります。てか、ジョージ・クルーニーがここまで下ネタ連発する映画は今後もないでしょうな。
さて、やっとハリーが地下室でコソコソ作っていたものが登場します。コレです。
PDVD_011
バカですね、アホですね。この女性用人力オナニー・マシーンを作っていたわけなんですが、このマシーンは物語になーんも関係ありません。

 家の鍵も換え、ケイティはオズボーンを追い出します。ハリーとの生活が始まったわけですね。
ケイティが出勤し、ハリーも日課のジョギングに出かけます。そこを見計らってチャドが裏口から侵入してCIAの秘密情報をオズボーンのPCから取りだそうとします。
バカですね。ハリーが帰宅したら逃げ道が無いじゃないですか。
案の定、ハリーが戻ってきてチャドはクローゼットに隠れるんですが、こういうとこだけリアルです。しっかり見つかっちゃいます。
そこで満面の笑みで誤魔化そうとするチャドですが...
PDVD_013
はい、脳天撃ち抜かれて即死。しかもリンダのアドバイスでジャケットに刺繍された氏名をとっちゃったもんですから、ハリーはチャドをスパイだと確信し、死体を処分しちゃいます。この流れ知らないと一気に興醒めしちゃいますよね。ああ、くだらない。

 チャドがいなくなり、リンダは取り乱しますが、上司のテッドに断言します。
「24時間以内になんとかするわ!…根拠はないけど」。
このテッド、リンダに恋心を寄せているだけでなく「整形しなくても十分魅力的だ」と言ってたんですが、一向に全身整形を諦める気配が無いリンダのために、チャドが失敗した情報の盗み出しをこっそり実行しちゃいます。
その頃、ハリーは視線恐怖症がピークに達しベネズエラへの逃亡を試みます。
物語はここで一気にやっつけ仕事に突入です。

 酒とノイローゼから、人格崩壊したオズボーンは、鍵を壊し自宅へ戻ります。
と、物音が。
愛するリンダのため、PCをいじくっていたテッドとオズボーンが鉢合わせるわけですが、オズボーンは躊躇無くテッドを撃ちます。そこらのロマンス映画じゃねえんだぜ!と言わんばかりに。
オズボーンはとうとう斧を振り回しテッドをザックザック!ここで場面はCIAの長官室へ。
劇中で割愛された各人物のその後が報告されるんですが、長官が最後に部下と自分に問いかけます。

「この件で、私たちは何を学んだかね?」
「わかりません」
私もだ。二度と関わりたくない、ファックな事件だ」

ええ、このやり取りと、エンドロールで流れる曲が本作の最も重要なポイントなんですね。まさに「この情報は読み終わると焼失する」ですな。

 おそらく、公開当初は「アメリカだからウケたんだろう」という感想の人が多かったと思いますが、たまにあるCIAの報告シーンが無いと理解不能なストーリーは、現在の日本なら苦笑い程度は出来るかな、と。
たとえば、マッチポンプ的な報道がうんざりだった特定秘密保護法案とか、ニュースになる前、いや、そういった話が持ち上がる前から世相的に色々と変わってきたと思うんですよね。
もう、市井の人間じゃどうにもならない時点で「大変です!なんとかしなきゃ!」というのは、チャドが全然理解できないのに「...んー、とにかく、マジやべえ!これはガチだ!」と喚いていたのと似たようなもんで。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Top